当園のこだわり

私たちが届けるりんごもお米も、私たちが生きる為に食べるもの。

商品である以前に食物である、だから美味しくて安全にこだわりたい。
収量よりも味にこだわった米作り、出来るだけ完熟に近い状態で収穫するりんご。

 

とにかく、食べた人たちが喜べて幸せな気持ちになれる農作物を提供したい、そして美味しいだけではなく誰もが安心して食べれるモノを届けたい。

 

そんな想いがあるからこそ、りんごも米も極力農薬を使わないで栽培しているし、常に使用量を減らすべく取組んでいます。

しかし、極端に病害虫が発生する事になれば、生産量にも大きな影響を与えます。

それが無くても、台風など色んな自然災害で春からの苦労が水の泡なんてことも良くあることです。

米もりんごも、自然災害というどうする事もならない脅威と隣り合わせ、それに加えて病害虫の被害。

それでも、買ってくれる多くのお客さんの事を考えれば、農薬の使用は減らしたいと思います。

 

‘農薬も基準通り使えば危なくない’というのは良く分かっています。

そして、消費者の方々にもそのことは理解して欲しいとも思います。

けど、使わないければそれにこしたことはないと思うし、少なからず何かしらの影響はがあるのではと考えます。

今現在、完全無農薬というのは当園ではまだまだ現実的ではありませんが、少しでも安心して食べて頂けるよう、常に農薬使用量を減らす方向へと向かって栽培に取り組んでいます。

 

 

リンゴでは、『交信攪乱材』というものを使うことで、他の農薬(殺虫剤)の使用量と散布回数は青森県の定める基準のおおよそ半分程度。

病害から守る為の殺菌剤の使用は、規定の倍の希釈率で使用するのでこちらも基準の半分程度となってます。

 

米は、春の田植え後に除草剤を一回使用するだけ。

種籾の消毒から刈取まで、それ以外に農薬使用はありません。

そんな低農薬米が、当園のスタンダード米です。

米に関しては、完全に農薬不使用の無農薬米にも取り組んでおり、お客様の要望に応えるべく、少しずつ作付面積を増やしてます。

 

 

「食物であるから、出来るだけ安全で安心して食べられるモノを届ける」

 

 

しかし、いくら安全であっても美味しくなければ、それは多くのお客様に納得して頂けないと思っています。

 

「米もりんごも食物、だから食べて美味しくてなんぼ!」

「本当に美味しいモノは人を感動させられる!」

そう思っているから、味にもこだわって栽培しています。

ただ、工業製品や加工品のように我々が作って‘その味’を出せないのが青果物。

米もりんごも、作るのは私達ではなくリンゴの‘樹’であり‘稲’なのです。

‘樹’や‘稲’が健全であればこそ、良いリンゴや米が出来ると思い、健全な農作物を育てる為、土台となる‘土’のことを考え化成肥料だけではなく有機物を入れたりしています。

しかし、美味しさに大きく影響を与えるのが収穫時期であり、適正な収穫量、そして鮮度であると考えています。

 

だから、りんごも赤く色付いたから収穫するのではなく、本当に美味しくなってからの収穫を心掛けています。

米は、収量の多さに比例して美味しくなくなると言われています、だから味を考えた施肥を行い、出来るだけ良い時期に刈取するようにしています。

 

幸いなことに、当園には小さいながらも貯蔵用の冷蔵庫があります。

収穫した直後に冷蔵庫に入れられたリンゴは、出荷直前まで新鮮な状態を保つことが出来るのです。

 

 

とにかく、安心し安全で、美味しくて感動するようなものを届けることだけを考えた栽培と販売を心掛けています。